パタヤでパラセーリング

1回目のタイ旅の途中ですが、

13回目のタイ旅でパタヤビーチでパラセーリングに挑戦してきて、

めっちゃ楽しかったので ちょこっと紹介します。

 

にほんブログ村 タイ旅行

 

まずはパラセーリングの動画をどうぞ〜。高所恐怖症のボクでも下が海だからか怖がること無く楽しめました(^^)

 

パラセーリングをやるには

パタヤビーチでパラセーリングをやるには色んな方法があるらしい

旅行代理店のパッケージツアーが一般的で、これはパタヤ沖のラン島へのツアーの途中でパラセイリングをするらしい。
※ボクがやったパラセーリングもほとんどがラン島の途中で寄った人たちだった。

ラン島(きれいなビーチがいくつもある)まで行くならまとめてでお手軽なんだけど
パラセーリング目的だと値段も時間も多くかかってしまう(^^ゞ
そこでパラセーリングだけ安く飛ぶ方法教えます。

ビーチロード沿いの業者を探せ

ビーチロードを歩いているとパラセーリングとかバナナボートの写真入りの紙を持って声をかけてくる人たちがいる。今回はその1人にお世話になってみた。

DSC_0771

怪しい感じだけどちゃんとしてました。ビーチロードをウォーキングストリート側に歩いた所にいます

サヌっとも「パラセーリング いくら?」
おじさん「600バーツでボート代が200バーツの800バーツ」
サヌっとも「全部で600バーツならいいよ」
おじさん「うーん700バーツでどう?」

「ならいいよ」とそっけなく歩き出すと、
「ミスター ちょっと待って」

どこか(たぶんパラセーリング業者)に電話をかけて
「オッケー!」

ということで600バーツ(約2000円)で決定!

ボートに乗ってパラセーリング会場へ

おじさんに呼ばれるままにビーチに行くとやがて船が走ってきた。
これで沖に浮いているパラセーリング専用の浮き桟橋まで行きます。

DSC_0770

DSC_0783

浮き桟橋は思ったよりも広く、売店とかもあったり。
中にはアラブ系と中国系のお客さんがたくさん。

DSC_0786

スタッフに呼ばれるままに進むと
まずメガネとクツと首にぶら下げてるスマホを外せと

メガネは見えなくなるので「ダメ」って言うとヒモで簡易メガネストッパーを作ってくれた。
クツは素直に脱ぎます。
スマホは、、、空中で撮影したかったので「ノー」
アクシデントがあるから外せと言われたけど、「これは防水だから」と言いはって無視。
スタッフ、かなりご機嫌斜めになりながらOK(^^)v

メガネにヒモを付けてくれた女の子

メガネにヒモを付けてくれた女の子

パラシュートをつけるジャケット(ライフジャケット)を付けてくれる。
けっこうがっちりとしてて安心感がある。タイにしてはめずらしい?(笑)
でも、けっこう濡れてるのは落水したってこと?
濡れてもいい服を着て行きましょう

しばらく待って順番が来たら海側の広場へ。

DSC_0811
船からのロープとパラシュートを付けてもらって
するとスタッフが「日本人か?」って言ってきた。

なんのこっちゃと思いながら、「YES」って言うと、
「走れ、走れ」って日本語
だから日本人って確認したんだね。

 

ついに飛んだ!

ちょっと走ったらあっさり浮き上がって、

あとはのんびり空中散歩w

DSC_0791

青い空と海を見ながら空中を飛ぶのはきもちいーーー

高所恐怖症なのに全然関係なく楽しい

パラシュート付けてるし落ちても海ですしね

浮き桟橋を1周するようにぐるっと回ったら、うまーく浮き桟橋の上に着陸。
まあ、落下速度が思ったよりも早くて、ちょっと焦ったけど下でスタッフたちが受け止めてくれました。

あとは金具やジャケットをはずしてもらって終わり。

しばらく待ってると、さっき連れてきてくれたボートがやってきてパタヤビーチまで連れててってくれます。

パタヤビーチに行ったらぜひ挑戦してください。
楽しいですよ〜

英語もタイ語もできなくても大丈夫だと思います。

 

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村


コメント