海外旅行にも最適! Zenfone Maxを3ヶ月使ってみて

タイ旅行記の途中ですが急にスマホの話をします。

DSC_1388

格安SIMに乗り換えると同時に購入した【ZenFone Max】

【国内正規品】ASUSTek ZenFone Max (SIMフリー/Android5.0.2 /5.5inch /デュアルmicroSIM /LTE)(2GB/16GB) (ホワイト) ZC550KL-WH16

 

前に書いたZenfone Maxの記事へのアクセス数が多いので3ヶ月使っての使用感を紹介!

使用してみて 本当にバッテリーはもつのか?

バッテリーが大容量って点が気に入って購入したZenfone Max。

実際のバッテリーのもちはどうかというと、

仕事中も含めてSNSやWEBをかなり頻繁に見たり更新してても2日間は十分にもってくれる(^^)v

バッテリーに関しては思ってた通りで大満足!

さすがボディの2/3もあるでっかいバッテリーだけのことはあります!

zenfone max

その分、重いけど使ってたら慣れる!! でも他のスマホを持つと重さを実感しちゃうので他のスマホを持たないことwww

バッテリーのもちがよいのは単純に充電の手間が減るってこと。充電回数が少ないってことはバッテリーの寿命も長くなるってこと。これもけっこう重要なポイント!

 

動作はモタツキあるけど合格

使ってみると動きはあんまり良くない。若干もたつくこともあるし、たまにアプリがすぐに開かないことも。

価格3万円のスマホに多くは期待してなかったので「こんなものかな」って感じ。

スマホが発売されてすぐに出たTOSHIBAやFUJITSUのオンボロスマホ(当時の機種限定ね)を使ってたので、それと比べるとサクサクヌルヌル(当然だけど)

この前に使ってたXperia A(SO-04E)と比べると動きの感じはどっちもどっちかなってレベル。

まあSNSしたりWEBやYouTube見たりするのには全く問題ないですし、Amazonプライムの動画をダウンロードして見ててもスムーズにきれいに観られます。

グーグルマップのナビ(GPS)もスムーズでずれることも少ないし、これ以上をスマホに求める人はもっと早い(高い)機種を買いましょう(笑)

 

Amazonプライムでダウンロードした大好きな映画『きっとうまくいく』
タイ映画じゃないけど(笑)

Zenfone Max Amazon

解像度高くないけどきれいに、音もよく再生できます。

メモリが16GBしかないけどSDカードに保存できるから不便を感じることも無し!

タイにLCC(格安飛行機)で行くでもZenfone Maxならたっぷり再生できるので安心!

 

あっ、話題になったけどポケモンGOには非対応です(T_T) インストールする方法はあって実際に入れてみたけど、ポケモンが出現した時にカメラ画像を見ながらのARプレイができないですね。それ以外は普通にプレイできました。

ARできなくていいからGoogle Playからインストールだけでもさせてくれるといいのにね。

 

[ad#ad-1]

海外版は安いけどバンドに注意

Zenfone Maxは日本国内版と海外版があります(ボクのは国内版)。

海外版との違いは値段と対応バンド数。

 

《国内版》

3G
800MHz(6)/800MHz(19)/850MHz(5)/
900MHz(8)/1900MHz(2) /2100MHz(1)

4G:

2100MHz(1)/1800MHz(3)/
850MHz(5)/800(6)/900MHz(8)/
1700MHz(9)/800MHz(18)/
800MHz(19)/700MHz(28)

《海外版》

3G:
850MHz(5)/900MHz(8)/
1900MHz(2)/2100MHz(1)

4G:
2100MHz(1)/1900MHz(2)/1800MHz(3)/
850MHz(5)/2600MHz(7)/
900MHz(8)/800MHz(20)

 

国内版はFOMAプラス(バンド6/19)に対応しているので、自分のような田舎在住者におすすめ。田舎ではこれがないと電波掴んでくれないこと多いのです(T_T)

普通に街中しかいかない人は海外版で問題ないかもしれないですが。

 

タイで売ってるZenfone MaxはASUS Storeでみると6,490バーツ。今だと20,000円弱!

日本よりも1万円近く安い。FOMAプラスの電波が不要という人ならタイ旅行に行った時に購入するのもいいかも。

 

と、ASUSのタイ版を見てて気になったのがこれ

スクリーンショット(2016-07-25 22.49.16)

デュアルSIMのZenfone Maxの特徴のひとつが、どちらのスロットも4G(LET)対応ってことなのに、タイ版を見るとSIM2のサポートが2G/3G のみになってる。

 

日本版の製品仕様(PDF)にはどちらも4G対応って書いてある(国内で同時待ち受けはできないけど)

スクリーンショット(2016-07-25 22.49.51)

香港のとかほかの海外版を見るとどちらも4G対応って書かれてるから、たぶんタイ版の記入ミスだと思います。タイだけ違う端末ってことないと思うので。

ある意味、「タイらしい」ですね(笑)

 

タイでの使用は秋に

この秋に今年はじめての訪タイに行けそうです!

その時に、Zenfone Maxが大活躍してくれる はず!

タイでの使用感は秋までお待ちください・・・早く行きタイよーーーー

 

 

 

コメント