地下鉄でプーパッポンカリー 『ソンブーン・シーフード ラチャダー店』

シルバーウィークにバンコクに行った時、知り合いたちが希望したのがカニカレーで有名な『ソンブーン・シーフード レストラン』。

ガイドブックを見ると必ず載っているタイのカニカレー『プーパッポンカリー』は、カニをカレーで炒めて卵でとじたマイルドなカレー。日本人の味覚にも合ってて、ボクも初タイの時に食べて感動しましたね〜。

ちなみに「プー」はタイ語でカニのことです。

その後、連れて行った人みんなが感動してくれました。

その頃行ってた店はスリウォン店。

↓ここね

タニヤとかパッポンとかの近くですね。たぶんここに行く人が一番多いと思うんだけど、1年前に行った時にちょっと味が落ちてる気が・・・^_^;

もちろん美味しいんだけど、以前のような感動する美味しさじゃないって感じが^_^; まあそれでも店内は人でいっぱいだったから、気のせいかもしれないけど。

 

今回のホテルはアソーク周辺。ここからスリウォンまで行くとなるとBTSとタクシー利用となるのでちょっと面倒。。。なので別の店舗に行ってみることに。

選んだのはラチャダー店。アソークからはMRT(地下鉄)で行ける便利なお店です。逆に大渋滞する道なので、車で行くならオススメできませんが^_^; (実際、大変な目に遭いました(T_T)

 

[ad#ad-1]
 

ソンブーン・シーフード ラチャダー店の場所

そんなソンブーン・シーフード ラチャダー店の場所はここ

MRTのフワイクワーン(ホワイクワン)駅の3番出口の目の前です。アソークからだとスクンビット駅(BTSアソーク駅)から北に4駅。

MRTの乗車時間8〜10分くらいで楽々到着! でも夕方に車で行くとなんと1時間以上・・・(この話はまた書きます)。

ソンブーン・シーフード ラチャダー店

ビルの中にあってこんな感じ。カニのマークが目印です!

ソンブーン シーフード バンコク ラチャダ

オープンは16時〜23時30分。お昼はやってないのでお気をつけて(^^)

 

プーパッポンカリーの名店だけあって、入り口にはカニがいます。

プーパッポンカリー ソンブーン カニ

カニと言っても日本のタラバガニとかとじゃなくて、ワタリガニの巨大版といった感じのノコギリガザミ(マッドクラブとかマングローブクラブとかとも呼ばれてます)。

ツメがとにかく大きくて美味しいカニ。沖縄でも食べられてますけどかなり高い。でも、ここのプーパッポンカリーはお手頃価格ですよ。

 

今回は夕方6時半頃に行ったけど、もうけっこうお客さんが入ってました。日本人もかなり多くて、日本語のメニューもあるので初めての人でも安心ですよ(^^)

その後、どんどん人が増えてきて満席になってました。行くなら少し早めがオススメです。

 

今回は8名で来店。まずはビール(もちろんシンハー)を頼みます。ビールは席の担当者がついでくれます。その後も減ったらついでくれますよ〜。

で、メニューを見ながらオーダー

 

今回頼んだのは

もちろんのプーパッポンカリー(Mサイズ2皿)

プーパッポンカリー

ソンブーンに来たらやっぱりこれを食べなくちゃです。ふわふわの卵に包まれたカニカレー。オレンジのオイル(シーズニングオイル)がアクセントになっててとってもおいしい!

個人的感想ですが、1年半前に食べたスリウォン店のよりもおいしかったですね。

一緒に行った知り合いたちにも大好評でした(^^)v

 

カオパットクン=エビチャーハン

p_20160916_191232

これにカレーをかけて食べるとおいしいのです! エビ以外にもカニ(プー)など色んなチャーハンがありますからお好みでどうぞ。

 

パップンファイデーン(空芯菜炒め)

p_20160916_191308

これ大好物でタイに行くたびに食べてます。かなりオススメ料理です。

 

トー(ト)マンクン=エビのすり身揚げ

p_20160916_191344

大好きなタイ料理のひとつ。エビのすり身を揚げたもので甘いタレにつけて食べます。

 

バラマンディを揚げたもの

p_20160916_191120

メニューではフエダイとなってますが、これはバラマンディですね。日本では幻の魚と言われて食べる機会のないアカメの仲間ですが、タイだとたくさん養殖されてて、釣堀のメインターゲットともなってます。

食べて見ると白身で美味しいです。1匹丸々を開きにしてあるけどけっこうお手頃な価格です。

 

カオニャオマムワン

p_20160916_193616

初めてタイに来た人への食ネタはやっぱりコレ! 今回もけっこうウケてもらえました(^^) 味の好き嫌いは人によって別れますけどね。

 

他にも数品頼んで 食べて飲んでで8人でお腹いっぱい。

1人500〜600バーツだったかな。きれいな店内でけっこうな食材で1,500〜1,800円くらいだからかなり安いです。

 

食べ終わったら地下鉄で帰ります。

MRT地下鉄の乗り方

ソンブーン・シーフード ラチャダー店の前にあるのがMRTの入り口。ここから地下に降りて地下鉄に乗ります。

まずは自動販売機でトークンという黒いコインを買います。自動販売機の液晶画面にはタイ語が表示されてますが英語に切り替えられるので安心!

dsc_0274

dsc_0271

改札のこの機械の黄色い矢印が指しているところにトークンを当てます。

dsc_0272

すると赤いストッパーが開くので入りましょう。BTS同様に閉まるの早いのでさっと入るのがポイントです。

 

目的の駅(ボクたちはアソーク)に到着したら改札機にトークンを入れます。

dsc_0275

出口の改札機はこんなやつ。トークンを入れる部分がありますね。

dsc_0276

入れたらまた赤いストッパーが開くのでさっと出ます。

 

というわけで、人気のカニカレーのお店『ソンブーン・シーフード』はMRTで楽々行けるラチャダー店がおすすめという話でした。

 

コメント