AmazonBKKでピラルクを釣る! ヒットルアーはコレ

南米の巨大魚ピラルク(アラパイマ)。ウロコのある淡水魚としては世界最大と言われるこの南米アマゾンに棲むピラルクが釣れる釣り堀がタイにあるんです!

ピラルクがいる釣り堀はいくつかあるけど有名なのが『IT レイク モンスター』と僕たちが行った『AmazonBKK』。

ここのことは色んなサイトに載ってたので数年前から知ってたんだけど、バンコクからけっこう離れてて車で2時間ほどかかるため、パイロットなどのようにちょっとタクシーで行くというわけにいかず・・・で、「行きたいな〜」と思いながら放置してました。

そんなAmazonBKKはここにあります!

AmazonBKKの場所

AmazonBKKがあるのはバンコクから西に2時間ほど離れたところ。僕たちはタイ在住のTさんがワンボックスをチャーター手配してくれました。運転手さんは何度か行ったことがあるそうでおまかせできるので一安心。

Tさんも現地集合で来てくれるので管理人さんとのやり取りもしてくれました。ほんとうにありがとうございますm(_ _)m

今はスマホで簡単にナビが使えるのでタクシーをチャーターしていくことも可能です。ただタイのタクシー運転手は人によってそれぞれ。いい人に当たればいいですが、ハズレだと露頭に迷うことも・・・(^^ゞ

「OK、わかった!」と言ってもなにもわかってないままに出発する人も少なくないですから(苦笑)

そう考えたr、知り合いがいない場合は釣りガイドをお願いするのが確実だと思います。自分たちで行くよりも高くはなりますが、タイ語がわからなくても安心ですから。

 

[ad#ad-1]

AmazonBKKに到着

釣行当日。朝5時過ぎに、スクンビットのホテルでワンボックスと合流。ずっと行きたかった釣り堀だったのでワクワクして目覚まし一発で起きました(^^)v

知人たちも集合で出発!

で、、、車の中ではほぼ寝てたのでよく覚えていません(笑)

気がつくと田舎道を走っていて、その後はすぐに到着。移動時間は2時間はかかってなかったかな。1時間半〜2時間の間って感じ、、、寝ぼけてたのでよく覚えてません(笑)

amazonbkk アマゾンbkk ピラルク

ついに来た! 憧れてたAmazonBKK!

amazonBKK アマゾンbkk

大きさは野池サイズで2m近いピラルクがいるようには見えないですが、見ていると水面にデッカイ魚体が浮かび上がって潜っていきます。シルバーの魚体に赤いウロコ、ピラルクーです!

すでに到着していたTさんとご挨拶。なんとTさんの釣友で、このAmazonBKKで400匹以上のピラルクを釣っているMさんも来られてました\(^o^)/

他にも10名以上の人が来られてました。シルバーウィークだったこともあって日本人中心。

Mさんたちによると前日からお客さんがたくさん来ていたようでピラルクはかなりスレ気味になっているとのこと(^^ゞ 元々、以前よりも釣れにくくなっていると聞いていたのに、さらにスレてるってやばい予感が・・・・

AmazonBKKレギュレーション

釣り始める前にAmazonBKKにはレギュレーションが設定されてます。以下のことを遵守してください。

1.バーブレスフック 

2.ルアーとフライのみ(エサ釣りは使用禁止)

3.ルアーのトレブルフックは1個のみ

4.ルアーの大きさは20cm以下

5.ラインはPE3.5号以上(フライはwt8以上)

フッキングやファイトでのやり取りでのダメージを少しでも減らすために設定されたものです。

 

AmazonBKKで釣り開始

ここでよく釣れるルアーはエサにしているティラピアに似たギル型ルアーとのことでボクも釣友たちもギル型のソフトルアーを付けてキャストスタート。

結論から言うと、この日のAmazonBKKのピラルクは本当にスレっスレになってました(T_T) キャストしてもキャストしてもヒットしない・・・・。

ボクだけなら下手だから仕方ないけど、周りもほとんどあたってない様子。とは言え、この時点では余裕が少しあったのです。

よく釣れるエサ撒きタイムが始まってなかったですから(*^^*)

 

エサ撒きタイムとは、釣堀のスタッフがいつもやってるエサ(ここだとティラピア)を撒いてくれるサービスタイム。実際のエサが撒かれるのでピラルクの活性が一気に上がって、ルアーにも食いつきやすくなるベストタイムです。

 

管理人がサイドカー(?)に大きなバケツを載せてやって来ました。いよいよエサ撒きタイムのスタートです!

amazonBKK アマゾンbkk エサ撒き

バケツの中

amazonBKK アマゾンbkk ティラピア

エサはギルサイズのティラピア(タイ名プラーニン)。見えづらいですが死んで浮いてるティラピアの下には生きたティラピアがいます。

amazonbkk アマゾンbkk

管理人の左右にアングラーが集合してエサ撒きタイムスタート。ティラピアを撒く前にはバケツで水を何回も撒いてました。

水を撒かれる音に反応してピラルクが集まってくるんですね。集まった所にティラピアが撒かれるとピラルクやレッドテールキャットたちが興奮してバコッバコッと水面で拾いまくる。。。はずなんです。。。。普段だと。。。。(笑)

前日にもお客さんが多くてエサを多めに撒いたようで、エサ撒きタイムでも水面はシーン。。。この時のエサ撒きは結局全員でノーキャッチでした(ヒットはあったようですが)。

ただ、水面に浮いてるティラピアが「ゴボッ!」って音と一緒に吸い込まれることが時々。ピラルクたちはルアーに慣れて、安全な浮いてるエサをよく見て食べてる感じです。

アマゾンBKK Amazonbkk

生エサを食わない魚をどうやって釣るか? なかなか難しい・・・・。

 

とは言え、アタリがないわけではなくスイムベイトを超デッドスローでリトリーブしていたボクは2回アタリがありました。

1度はコツンだけど、もう1度は一気に「グワーッ」と吸い込まれるようなアタリ。ただどちらもフッキングは空振り(T_T) これはもう腕の問題ですね。。。。

 

ソフトルアーの置き竿でピラルク?!

ボクはアタリ2回だけでピラルクは釣れなかったんだけど、このスレスレの状況で釣友たちがピラルク2匹とレッドテールキャット1匹を釣り上げました。

それもなんとソフトルアーの置き竿釣法で!

この日、一緒に行っていた中にあまりルアーをやらない友達が1人。ビールを飲みながら座ってたので「置き竿でナマズでも釣ってみます?」と提案。

置き竿と言ってもレギュレーションでエサ釣りは禁止なので、使うのは匂い付きのソフトルアー『エコギア アクア スイムシュリンプ』。パイロット111でナマズがよくヒットしたので、ここにいるレッドテールキャットにも効くと思ったのです。

持ってきていたシンカー付きのワームフックに『エコギア アクア スイムシュリンプ』をセットして10mほど沖にキャスト。あとはベールフリーにしてアタリを待つだけ。

リグはこんな感じ。

P_20160918_104301 のコピー

 

フックとソフトルアーのバランスもめちゃくちゃだし、魚の大きさに対して小さすぎるんだけど、4インチほどのこの小さなソフトルアーにピラルクが反応したのです!

アタリは置き竿のPEラインがスーッとゆっくり走る感じ。ところがアワセてからの引きの強いこと、強いこと!

やがて水面に飛び上がってきたのは赤いウロコがきれいなでっかいピラルクでした!! ここからはみんな緊張感マックス(笑)。最後は管理人が水に入ってネットですくってくれました。

ピラルク amazonbkk アマゾンbkk

このピラルクは1.8mありました! シングルフックが上顎にがっちりフッキング! まったく動かさない置き竿だったので『エコギアアクア』の匂いに反応して吸い込んだんだと思います!

この魚を釣り上げたフックは少し伸びてましたが、比べると分かるぐらいのレベル。ジャパニーズフックはやっぱりすごいです(^^)

P_20160918_104301

 

このヒットで他の釣友もリグを変更。その結果、

amzonbkk アマゾンBkk ピラルク

ドーン! もう1匹ピラルクをキャッチ(^^)

もう1人の釣友にも大型魚(ピラルク?)がヒットしてパワフルファイトを展開したあとにバラし。。。残念。

ルアーが得意な釣友はエコギアアクアを小刻みにアクションさせた結果、

amazonbkk アマゾンbkk レッドテール

レッドテールキャットをキャッチ!

15名ほどお客さんがいて、ここまででこの池で釣れてたのはアリゲーターガー1匹(以前はつながっていた隣の池でピラルクとメコンオオナマズが1匹ずつ釣れてました)。

エコギアアクアでの置き竿ではピラルク2匹&アクション付けてレッドテールキャットフィッシュ1匹。

恐るべし、『エコギア アクア スイムシュリンプ』です(*^^*)

 

釣友たちの帰りの飛行機がこの日だったので僕たちは昼過ぎで納竿。ボクはボウズだったけど友達たちが結果を出してくれたので満足・・・・なんてことはなくて、やっぱり悔しかったです(笑)

夕方のエサ撒きタイムは少し食いが上向いたようでMさんもきっちりピラルクを釣ったそうです。

 

活性が高い時は色んなルアーでヒットするようですが、AmazonBKKに行くならスレてる時に備えて『エコギアアクア』も持って行くといいですよ。

置き竿いやロングポーズ(笑)もしくはデッドスローでヒットしてくるかも。

ただ、百戦錬磨のMさんでもパターンが読めないと言われてたように、ここは毎回のようにヒットパターンが変わるようです。なので次回にこのパターンが当たるかどうかは不明です(^^ゞ

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

コメント